発がん性物質の噂:ステビアの効果と副作用


発がん性物質の噂

どのような食品でもそれを初めて認可するとなると安全性についての実験が行われ、 クリアされれば問題なく私たちの口に入る事となります。研究機関によっては結果が違ってくることもしばしばあり、 その評価を国が認可するには慎重にならざるをえません。

ステビアに関しても国の内外を問わず様々な大学や研究所などで実験が行われてきました。 その結果、日本ではステビアの安全性に関してはなんの問題もないと言う結果がでています。

戦後甘味料として、長い間使用されてきた「チクロ」などは発がん性の疑いが指摘され今では使用禁止になっています。「サッカリン」も一時期、弱い発癌性があるという事で使用禁止にされました。(現在は解除されていますが、まだ完全に安全かどうかは議論がされているところです)「アスパルテーム」も癌の発病率の上昇が統計的に認められるといった研究結果もあります。

しかし、ステビアについては、それらの人工甘味料と違い、天然の甘味料です。さらに、天然の甘味料で、南米ではマテ茶の甘味料として長く利用されてきた歴史あります。

ステビアは使用され始めてから発がん性や毒性を問題視された事もありましたが、いずれも研究結果からは発がんの危険性はなく食品衛生の上でもクリアされており、安全と見なして良いでしょう。

ステビアに関しては、現在、糖尿病患者の免疫医療にも使われているくらいですので、安心してお使い頂ければと思います。


発がん性物質は輸入食材や洗剤や化粧品などからも検出される事もあります。 身近な所では、水道水を殺菌する際に使用する塩素が問題になっています。 水道水に残留した塩素がトリハロメタンという発がん性物質を発生させる事がわかっています。 これに関しては使用する側で対策を講じなければなりません。

このように発ガンの危険性のある物質も、実際は使用せざるを得ない状況にあります。 他にも、ジュースの中の人工甘味料などの添加物にも保存料や防腐剤など発ガンの危険性のある物質が使用されています。

しかし、ステビアは天然の甘味料ですので、安心して使用して頂ける食品です。

発がん性物質の噂:関連記事

医薬品として認可されるか?
最も注目されるべき点は、ステビアが医薬品として認可される日が来るのだろうか?と言うことです。 いくつ...

副作用などの報告はありません
副作用とは医薬品を使用した際に体に有害な形で現れる症状のことを言います。 よく知られている例としては...

医薬品それとも食品?
ステビアが発揮する様々なパワーが話題になり、「医薬品なの?」と聞かれることがあります。 答えはNoで...

ステビア効果の医学的根拠について
ステビア工業会やjbbステビア研究所、ジャパンステビアカンパ二ーなどでは、今現在も研究開発が続けられ...

ステビアの安全性
ステビアはその効果はもちろん安全性に関しても様々な研究実験が行われてきました。 安全性については、発...